花湯VOICE

ふるさと花山会の皆様より
佐藤旅館・故郷を振り返って-

青春時代の思い出の1ページを 蘇らせて欲しい
ふるさと 花山会 会長 千葉 守好
中学校卒業してすぐの頃、佐藤旅館には友人が湯治に行っていたこともあり、当時友人たちと一緒に何泊かして騒いだ記憶があります。
その後も温泉として 何度も行った記憶があります。
ふるさと花山を振り返ると本当に懐かしいです。
今はないんですが、昔の花山にはダムに貸しボート屋さんがあり同級生の女の子と乗ったりといい青春時代をすごしました。
ダムができた当時は花火大会なども盛大に行われ(2017年より復活)、お祭りもずいぶん多くの人で賑わっていました。
仙台に住みながら、花山と往復する生活をしておりますが、ぜひ思い出の中の佐藤旅館が、また復活することを楽しみにしております。
こころのふるさと花山 佐藤旅館の復活
想い出を輝かせて欲しい
ふるさと花山会 会長代理 狩野 甲七
佐藤旅館は温湯(ぬるゆ)温泉の中でも奥のほうにあったものですから何ともいえないアットホームな雰囲気がありました。
田舎のよさ、あったかさ、そんなものが佐藤旅館で働く皆さんや旅館全体から伝わってきた気がします。
本当に温泉に来たと言うより『自分のお家のお風呂に入りに来た』という様なとっても、とっても親しみやすい温泉でした。友人と遊びに行き川も近いので子どもの頃には最高の遊び場でした。
旅館が復活したらぜひ、行きたいです。
ふるさとと言うのは、距離そして時間など離れれば離れるほど、懐かしく感じるものです。佐藤旅館や小学校そして花山で学びそして遊んだところを忘れることのないよう、この花山会も続けております。
この花山会も続けております。
歳をとっても失せることなく輝きの増す花山の想い出をこころの中のふるさとが、自分を元気にさせてくれます。

昔住んでいた花山の家跡に杉の木を最近植えまして、さらに家族の名前と共に、わが家があったことを示す碑も建てました。それほど花山は忘れがたきふるさとなんです。
花山 その二文字が活字で新聞やTVで見かけるだけで嬉しい。
昔の花山、ダムができた花山、そして今の花山3つの花山の歴史が自分にはありますが、特に思い出深い 佐藤旅館が 話題になる。全国の皆さんも喜ぶと思いますし、私のところにも当時の友人たちから喜びの声が届いています。

ぜひ佐藤旅館復活、実現させて下さい。

花湯湧人 佐藤旅館復興に向けて―
秘湯の復興に向けて花湯湧人の中心3社の声をお聴き下さい

大和田もともとある旅館の歴史を崩さず、かつああらたなお客様にも魅力を感じていただける様なものを目指したいですね。
吉田ぼくは大学で仙台に来たのですが、花山と言う地域がまずわからなかった。
佐藤旅館の存在も実は知らなかったのですが、お話を頂き調べているうちにわからない人はわからない、わかる人にはすごくわかる花山はそんな地域や旅館であることを感じました。 この仕事を通し、花山をもっと多くの方に知って頂き広めていきたい。復興と言う面では、震災に関わる機会がなかったので、とてもいい機会を頂いたと思います。
地元の素材も使いながら、花山にまつわる文化も伝えられる様な 仕事をさせて頂ければと思っています。
阿部この佐藤旅館の復興にあたり、本当に多くの方と手を携えることができ大変ありがたいことだと思っています。佐藤旅館は(休業して)もたいないね・・とよく花山の方たちとも話をしておりました。
しかしなかなか地域の、私たちの力だけでは実現できなかった経緯がありました、当プロジェクトを始めた途端にお二人をはじめ多くの方とのご縁が生まれ、各分野のプロフェッショナルな人たちと結びつくことができ大変ありがたいと思っています。 各方面からご支援も頂き周りの方も本気になり、成功させなければ!と言う空気が日増しに高まって来ているのを肌で感じています。
報道各社様からも取材のお話も色々と頂いてます。
私たちだけのプロジェクトではなく、花山ひいては栗原そして宮城全体としてのプロジェクトとなりますことを願っています。
私自身 テンションが高まってきております!
(一同笑)
大和田いいものになった!と地域を始め佐藤旅館の昔を知る方にも喜んでいただける様なものにしたいですね。
阿部そうですね。さらにたまたまなのですが、こうしてご助力を頂ける方が30~40代の方が多く、栗原の事業継承のモデルをつくるのに最適だと思っていますし、とても感謝しています。
秘湯をテーマに 佐藤旅館をどう復興させるか?
吉田今風の作り物で改修されている箇所が点在します。
それを昔からの本物の材料を使って今回できるだけ直したいと考えています。秘湯の味わい、空気感を再現したいですね。
大和田古きよき趣を取り戻素建物づくりを目指すのが、内観の最大の焦点だと考えてます。栗駒杉などの地産の木材を使うことによって10年後20年後により風合いが増すようなリノベーションを考えています。
使えば使うほど質があがる。趣のある素材を使うことによりまた来たくなる、また来た時にさらに趣も楽しんでもらう。
そんな秘湯としての佇まいを復興させたいです。
阿部お二人にも色々とご助言を頂き、人が集まる建物になる予感はしています。
それが花山全体そして栗原全体の悲願でもありますので、この旅館が蘇ることは大変なインパクトにつながると確信しています。
宿泊施設が少ない地域でもありますので、この旅館の復興を機にインフラの見直し、周辺施設の活性化、店舗などの増加ひいては人口の増加、地域の活性化に寄与できればと考えております。
内陸地震を機に使えなくなっていた登山ルートも、これを機に復興させようか?という気運も高まりつつあります。
このプロジェクトが建物だけではなく、栗原の観光を考えた時のグランドデザインの1つとして注目されると考えています。
秘湯としての 大和田さん 吉田さんのイメージを有現化することで多くの眠っていたコンテンツが目を覚ますそんな復興を目指したいです。